会長挨拶

尾北医師会のホームページにようこそ。

会長 渡部 敬俊
会長 渡部 敬俊

 私たちの医師会は、とうとうと流れる日本ライン・木曾川の辺、愛知県側に位置する、犬山市・江南市・大口町・扶桑町 の二市二町地域医療を担って、日夜頑張っている医師会員にて構成されています。
 尾張北部にまたがっていますので、尾北(びぼく)地方と呼ばれています。 人口は、全体で約23万余人、医療機関は129、医師会員数は280人です。
 21世紀を迎えて、少子高齢化社会は進行し保健・医療・福祉の連携はますます重要になってきており、 激動する社会背景の中で医療制度改革、社会保障構造改革が行われようとしています。 地域住民の方々とコミュニケーションを図りながら、新世紀における健康のあり方や、 日常的な健康の不安を取り除き、アドバイスもさせていただき、今後もホームドクター思想の普及に努めて行きたいと考えています。

 犬山支部・江南支部・扶桑大口支部の三支部制を採り、各地域実情に応じて医師会活動を展開し、 保健・医療・福祉サービスについて住民ニ―ズにどう具体的に答えて行くのか、 また福祉サービスの連携や一体化を、医療機関とどのように機能させるかを広い視野のなかで検討し、 地域における「人に対するやさしい医療」「暖かみのある心のケア」の実践を展開しています。

 地域の医療を支える人材養成として「尾北看護専門学校」 を設置し、また地域で働く事業主・従業員の方々の無料健康相談窓口、 健康管理指導を行うため、「尾張北部地域産業保健センター」 (岩倉医師会との共同事業)も開設しています。 2000年4月からの介護保険法の施行に併せて、高齢者の二―ズに応え、地域における在宅ケアの基盤づくりを進め、 保健・医療・福祉が連携したシステムを構築することが必要になり、「地域ケア協力センター」も設立され、 在宅ケアに関する調査研究、情報提供、コンピューター利用による情報の管理、医療機関機能連携の支援、歯科医師会・薬剤師会との協力体制の整備などを通じて地域ケアシステム化を行っています。

 詳しい事業内容については、どうぞごゆっくりと尾北医師会のホームページをご覧いただき、保健・医療・福祉の情報収集・連携にお役に立ち、 また医師会会員各位や地域の行政・関係機関並びに地域住民の皆様に活用していただければ幸甚の至りです。
 住民の皆様からの多くの提言やご指導をお待ちしています。 また、医療に関する相談や判らないことなど気楽に医師会までお問い合わせ下さい。 より充実したものに育て、健康で住みやすい街づくりの一助になりたいと考えております。

〒480-0144 愛知県丹羽郡大口町下小口6丁目122-2 TEL(0587)95-7020 FAX(0587)95-7021